TOP > 発案者の想い

23歳の時に、インドの伝統医学アーユルヴェーダを体験するために、初めてインドに渡りました。 ケララ州の施設に3週間滞在し、様々な治療(トリートメント)を体験する中で、自然と一体化したその智慧(ちえ)に心打たれ、屋号を「ケララ」として、セラピスト人生がスタートしました。 

ホリスティック(全人的)なセラピーを学び・実践しながら、ヨーガ(ヨーガ療法)や鍼灸(東洋医学)アロマセラピー、心理(NLP)、エネルギーワークなども取り入れて、18年目を迎えました。インド人のドクターバット師よりアーユルヴェーダを学び、治療法のひとつであるシロダーラに強い魅力を感じました。

その後、シロダーラを広めるべく、サロン経営の中で実践するものの、オイル代、人件費、シャワー設備等、どうしても高額なメニューになってしまい、思うように浸透させることができませんでした。忙しい人にこそ必要なシロダーラが日本で広まらない…。どうしたら、日本で多くの人に、手軽にシロダーラを体験してもらうことができるのだろうか…。

その想いから、現代の日本人のライフスタイルにあったものを求めて試行錯誤を繰り返し、「アクアダーラ®」の開発に至りました。伝統的な方法による効果は5000年の長い歴史に裏打ちされています。

シロダーラをアレンジしたアクアダーラ®は、「アーユルヴェーダってなに?」という方へのファーストアプローチとして気軽に体験していただけると思います。そこから「生命の科学」アーユルヴェーダや伝統医学への興味関心、そこに書かれている「人間の健康と幸福になるための智慧」が一人一人に活かされるようにと願っています。