鍼灸師になって開業までのストーリー&そして今も続く・・・

   

鍼灸師でヨ―ガ療法士 アーユルヴェーダとヨガを愛するセラピスト ケララウェルネスサロンの木村明代です。セラピスト歴18年目、新神戸駅前の医療ビルで開業して8年目のアラフォー治療家です。

なぜ鍼灸師になったのか今の仕事をしているのか。時々聞かれます。その理由を前の記事で書きました。

→ 私が鍼灸師&セラピストになるまでのストーリー&なった理由

その続きで、鍼灸師になった後の事や開業関係の事を書いてみます。

また長くなるかな。





2015-06-05 05.30.51

無事に国家資格合格、出会いから開業まで

30歳を前に3年間の鍼灸専門学校に通いました。それまでの事は、こちらの記事で。

→ 私が鍼灸師に&セラピストになるまでのストーリー&なった理由)

 

鍼灸の専門学校は実技の時間が長く臨床に携わっている先生が多そうなところを選びました。

遅刻や欠席に厳しいところで、学校ぎらいの私にはチャレンジでした。毎日決まったところに3年間行けるのかな。と思ったけど、安くない学費をはらってるし、学びたいことだったのでさすがに留年することなく、再試もほぼなく、卒業できました。

でも、居眠りはかなりしました。テスト前にノートを見せていただいたクラスメイトには今も足をむけてねむれません(笑)

そして 2008年に国家資格の「はり師・きゅう師」を取得しました。

学校を行きながらも 同時にアロマオイルマッサージやスポーツマッサージ、ヨーガ講師の仕事はしていましたので、そのまま継続していました。そして、なんとなく、自分のスペースがあるといいなと思い始めていました。

いつも来てくれるお客様がいたり、場所があれば行くのにと言ってくれる人がいたり。

その頃よく来てくれた会社経営をしているお客様に「イメージして、なんでもいいから何か行動に移すといいよ」と言われて、不動産屋さんを紹介してもらいました。今思えばその方に教わったのは今でいう 「引き寄せの法則」だったのだと思います。

物件の資料をいくつかもらって、イメトレ。

 

2016-01-08 19.36.21

不動産屋さんから物件の資料をいくつか送ってもらい、眺めていました。間取りとか、お家賃とか。

最初は途方にくれました。いくらくらいお金がかかるのかシュミレーションしてみたり、間取りをどうするか、ベッドをどこにおくか、などなど妄想をしてみていました。

別のお客様でコーチングをされている方がいて、何度かお話をさせてもらい「理想のサロンを絵や図面に書いてみる」というのを教えてもらいました。

で、書いてみました。

「かなり具体的に描いてね」ということで、コンセプトはニューヨークにあるおしゃれなアジア風。ヨガとサロン併設。この辺に間接照明ががあって 仏像なんかもなぜか置いてある。というような。。

今おもえば今のサロンは、配分やら細かいことは違うけど、そんな感じなんじゃない???

と思うと、イメトレって大事だな~と思います。

その頃また別の知人に紹介してもらい、「経営セミナー」にも参加してみたりもしました。「これから開業したいです~」という当時の私のような夢子ちゃんステージの人はいなくて、中小企業の社長さんや、経営にかかわるような人たちでした。20人~30人くらいのうち女性は2人だけでした。あきらかに場違いなセミナーに紛れ込んで、それも結構楽しかったし、実は後で役に立ちました。

その時はわからなかったけど、いろいろ準備をしていたのですよね。無意識に。気持ちも高めるし、アンテナを磨いていたのだと思います。

それがいいとは言いません。もし今から開業するなら違うやり方したかもしれない。

うん。違うやり方かもしれない。でもまあ私らしいのかな。後悔はしていません。

いろんな人にお世話になって、助けてもらってます。。

 

開業を決意する最大の出会い

 

そんなある日、鍼灸学校へ通っているときから、帰りに寄っていたカフェバーがありました。

夜間部なので、授業が終わるのが夜の9時半をすぎていました。お腹すくし、時々同級生たちと帰り道のお店にいろいろ寄り道していました。

卒業してしばらくしたころ、カウンターで1人居ましたら、素敵な紳士がお隣に。

マスターが紹介してくれてその紳士とお話ししていたら、「ちょうど駅前のビルに居抜きで物件がありますよ」

ということになり、見学だけでもさせていただくことにしました。

ビルのオーナーさんだったのです。いまでも足を向けて眠れません。

資金もないし、参考に見るだけ。と思って見に行ったのですが、、、、

開業を決意。

勢いってすごいですよね~。いまならもうちょっと考えるかも。

そして、国民金融公庫(今は日本政策金融公庫ですね)に行ってお金を借りる準備を始めました。融資の金額は希望よりも少なくなることが多いから、多めに見積もるといいよ。の言葉を真に受けて。多めに提出したら、そのまま満額借りれてしまいました。

前に行っていた経営セミナーがここで役に立ちました。事業計画や資料を作るのにちょうどよかったのです。

2010-04-01 16.21.23

そこからは大忙しの毎日。2009年3月にオープンしました。

 

そのあとは、いろいろ、いろいろ、あって、あって、

泣きそうなこともいっぱい。泣いたこともいっぱい。

迷惑かけたことも、かけられたことも。

トライ&エラーいっぱい。

うれしいことも、楽しいこともいっぱい。いっぱい。

3年目のある日、今の場所に移転して、2016年で8年目。試行錯誤の毎日。

偉そうなことは一つも言えない。

経営はやっぱり下手ですが奇跡的に続いています。いまのところは。

ほんとうに感謝しかない。。。

 

そして、そんな私のマイペースな開業にも両親は「お金も口も出さない」

で、見守ってくれていました。父は「あきちゃんができるとおもうのなら、やってみたらええ」

という感じでした。本当に口出しされることもなく、賃貸契約の保証人になってもらいました。「下町の商売人の頑固なおやじ」は心配だっただろうな~と思います。

2014-01-24 08.47.06(成人式の時の家族写真です)

実は一度開業に失敗しています。

流れでうまく開業にこぎつけたかのようですが、、、実は一度失敗しています。

鍼灸の学校に行くより前の話です。20代後半の時。知人が一緒にお店をやろうと声をかけてくれました。

が、、見事に失敗。間借りの場所で、共同で、という「いかにも失敗しそうな状況」でしたが、

疑うことを知らない若い私は大丈夫やろ~と深く考えずにいました。

巻き込んだ人もいました。

結局お金も時間も使い、心もざっくり傷ついて、ありえない噂も立てられたりして

しばらく引きこもりました。何にもする気がしなくなりました。

そんな失敗も、ちょいちょいしてきています。

その引きこもりから抜け出したいときに、海外旅行に行くのがどうやら私のパターンでして、

その時はスペインのバルセロナに行きました。仕事がないと、長期で行けますので、この時とばかり3週間。知人を頼りにいきました。時間はあってもお金はないので(笑)

そのもっと前にはニューヨークに3週間行ったこともあります。やっぱり知人を頼りに。

もうね、帰ってきてから考えよう。

という感じですね、いつも。

 

明代ちゃんはイバラの道を自ら歩いてるね。

 

2012-03-16 11.32.46(屋久杉登山の時)

開業してからずっと見守ってくださっている方に「明代ちゃんはイバラの道を自ら歩いてる」というようなことを言われました。

そう見えるんですね。本人自覚ないですけど。

確かに、どうすれば楽に生きられるか、お金儲けできるか、とか考えてなかった。実家に居させてもらえていたので、気楽ではありました。その実家ものちに大変なことになるのですけれど。。。

誰かに養ってもらって趣味で楽しく。ということも思いつかなかった。

途中でへこたれそうになった時、ふと、「そういうことか!」と思ったことはあります。趣味で出来たら、楽でいいやろな~とか。思うこともありました。

だから、主婦の起業は難しいということも、なんとなく理解できました。どちらがいいということではありませんけれど。。。

いろいろ気が付くのが遅いんですよね。きっと。

 

新神戸に移転して今に至る~まとめ~

 

3年ほどして新神戸の今の場所に移転しました。現在8年目。

相変わらず経営は下手ですし、数字や経理は苦手です。片づけも苦手です。

正直よく続いているなと思うこともあります。

続けられたのは、月並みだけど、お客様、取引先、家族、友人、お世話になっている方々、気にかけてくれる方々のおかげです。

 

2カ月ほどまえに、救急車で運ばれて入院した時、

自分はもう死んでしまうのかなと思いました。

(その時のことを書いた記事はこちらです→救急車で救急車の中で考えていたこと~冷静と冷汗の間で )

肉体的にはそんなに大したことではなかったのかもしれませんが、結局原因不明です。

 

神様が「お~い!なにしてんねん!」と頭をたたいたんじゃないかと思うんです。

人生見直したり、仕事のあり方を見直したり、だからこのブログも始めました。

こうしなければならない。という思いが自分を縛り付ける。

肉体も、心も、じわじわと。

 

それに気づかされたのだと思います。

 

そして、それに気づいていただけるのが 鍼灸やセラピー、ヨーガの醍醐味です。

そうやって、私も人生を歩みつつ。目の前の人の人生の歩みをサポートできるのが

喜びです。

いつも元気、いつもピュア、いつも完全。なんてないので、人生のいろんな変化を私も経験していますし、誰もがそうですよね。それが生きるってこと♪

曇ったメガネは磨いて、人生のいろんな変化をクリアに見て、対応していけるといいなと思っています。

ありがとうございます♪

 

2015-08-01 17.55.48(左は姉。右が私。インドのサリーを着ています)

 - セラピスト:ボディワーカー, ヨガ・ヨーガ療法, 未分類, 東洋医学・鍼灸